トップ

不動産取得税についての事

不動産取得税とは

不動産

不動産の取得税の期限

不動産を親から譲り受けたり、自分で買ったりすると、税金を払うことになります。取得した翌年の1月から3月15日の間に税務署に行って、申告しなければいけません。もし1日でも遅れて提出すると、払うはずの金額よりもだいぶ多めに払うことになり損です。だから、期限は守って税務署に行きましょう。今はインターネットでも申告できるようです。税務署にいけば、丁寧に書き方(パソコンでうつ)を教えてくれます。不動産の取得税は取得した土地や家屋の価値大きさによって違います。広い土地でも田舎なら安いし、狭くても市街地なら高くなります。

取得税についての知識

不動産取得税は土地や家屋を購入する、あるいは交換や贈与で取得する、さらには新築や増築、改築したりして不動産を取得した場合に課税される税です。相続の場合には非課税で、又、課税標準額が一定未満の場合には免税されることになっています。税率は基本的には4%ですが取得時期によって異なります。平成18年4月1日から平成20年3月31日までに取得した場合は土地、住宅ともに3%、住宅以外の家屋はは3.5%となっています。平成20年4月1日から平成27年3月31日までの場合は土地、住宅ともに3%、住宅以外の家屋は4%となっています。平成27年4月1日以降に取得した場合は土地、家屋とも4%となっています。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産取得税についての事. All rights reserved.