トップ / 不動産での仲介手数料について

不動産での仲介手数料について

不動産にかかる手数料

不動産

不動産の仲介手数料って?

賃貸などの不動産を借りるときには、基本的には一ヶ月分程度の仲介手数料がかかってしまいます。これは仲介に入っている会社の利益となるものなので、家賃や礼金などのように交渉によって負けてもらうのが難しいです。しかし、あまり入居者が多くない部屋や、引越しの件数が少ない時期などであれば、例外的に不動産会社の仲介手数料が安くなることもあります。ですので、進学などの時期が決まっているような引越しなのでなければ、あまり人気のない時期に引越しをしたほうが手数料やその他などでお得に引越しをすることが出来るのでおすすめです。

仲介手数料についての話

不動産の仲介手数料については売買の場合と賃貸の場合があります。売買の場合はその上限は売買取引額の200万円以下の部分は取引額の5%以内、200万円を超えて400万円以下の部分は取引額の4%以内、取引額の400万円を超える部分は3%以内となっていてこれらを加算した額に消費税を加えたものになります。不動産賃貸の場合は業者及び貸主に支払う仲介手数料の額の合計は家賃の1ヶ月分以内とされています。それは定めによって貸主、借主の承諾を得ている場合を除きそれぞれから受け取る報酬額は家賃の0.5ヶ月分以内とされているからです。しかし業者を探すとこれが半額や無料のところも見つかります。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産取得税についての事. All rights reserved.